2022年04月21日

プリザーブドフラワー講座(母の日アレンジメント)を行いました。

4月21日(木)
春爛漫の季節です。
黄色、白のモッコウバラが綺麗に
咲いてますかわいい

当センターでは、IFA国際フラワーアレンジメント協会
認定の川口久美さんをお迎えして
プリザーブドフラワー講座(母の日アレンジ)を
行いました。
IMG_3439.JPG
バラを優しく持ち、十字にクロス。
IMG_3443.JPG
カーネーションは下から挿し、
上に出たワイヤーを少し折り曲げ
そのまま下に引きます。
IMG_3447.JPG
あじさい、カスミ草をワイヤーをユウピンにして
引っかけ巻きつけます。
IMG_3454.JPG
IMG_3458.JPG
シナモンステックもワイヤーで巻きつけて立てます。
IMG_3461.JPG
IMG_3464.JPG
メインをバラかカーネーション迷うわ。
IMG_3465.JPG
IMG_3468.JPG
IMG_3471.JPG
好きな所にリボンをつけてリボン
IMG_3474.JPG
母の日ティーカップ完成です。シナモンの香りが漂い
やさしい気持ちになれる、アレンジですね。
自分へのご褒美、母親にプレゼントプレゼント
IMG_3475.JPG
IMG_3476.JPG
IMG_3477.JPG
IMG_3478.JPG
IMG_3479.JPG
IMG_3480.JPG
参加された皆さん、ありがとうございました。

自分だけのオリジナルが出来て満足の様子でした。
リビング、玄関に飾ってくださいね。

春の長雨で体調を崩しませんように
お気をつけてください。

またの参加お待ちしておりますかわいい
posted by 四日市市勤労者・市民交流センター at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ご報告

2022年04月13日

樹脂粘土で子供の日の壁掛けを制作しました。

4月13日(木)晴れ
ハナミヅキ、つつじなど色とりどりの花で
春の訪れを感じるこの頃です。

当センターでは、講師に藤田ひとみさんを
お迎えして、樹脂粘土で子供の日
壁掛けを制作しました。
IMG_3400.JPG
こいのぼりから始めます。
IMG_3399.JPG
IMG_3404.JPG
IMG_3405.JPG
IMG_3414.JPG
IMG_3415.JPG
柏もち美味しそう目
IMG_3416.JPG
花しょうぶも飾り。
IMG_3422.JPG
おしゃれにラメもぴかぴか(新しい)つけて
IMG_3423.JPG
かわいいわーい(嬉しい顔) 
こいのぼり、花しょうぶ、柏餅の壁掛け完成です。
健やかな成長と健康を願って。
IMG_3424.JPG
IMG_3425.JPG
IMG_3426.JPG
IMG_3427.JPG
IMG_3430.JPG
参加された皆さんありがとうございました。

端午の節句にタイミング良く
かわいい孫にプレゼントすると
喜んでました。

またの参加お待ちしておりますかわいい

posted by 四日市市勤労者・市民交流センター at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ご報告

2022年04月10日

ドライフラワーのリース講座を行いました。

4月10日(日)晴れ
暖かい日になりました。
春のお花チューリップ、芝桜が満開ですね。

三重県まん延防止等重点措置で延期となっていた
ドライフラワーリース作りを行いました。
講師は、なかしま えりこさんです。
IMG_3341.JPG
バラの位置を決めましょう。
IMG_3343.JPG
IMG_3348.JPG
ユーカリの香りは虫除けの効果も
期待できるそうです。
IMG_3349.JPG
黙々と作業が進みます。
IMG_3352.JPG
少しずつ形になってくると楽しくなります。
IMG_3356.JPG
IMG_3361.JPG
ユーカリの葉を形を整えながら入れていくのは
とても根気がいります。
IMG_3364.JPG
スターチスはバランスを考えて
自分の好きな形に仕上げていきます。
IMG_3367.JPG
立体的になるように深さ、奥行きなど考えて。
IMG_3371.JPG
落ち着いた色合いに仕上がりましたかわいい
IMG_3373.JPG
IMG_3374.JPG
IMG_3377.JPG
IMG_3379.JPG
IMG_3380.JPG
参加された、皆さんありがとうございました。

久しぶりに集中した・・・楽しかったとの声耳
直射日光を避け、湿度に注意して飾ってください。

当センターでは、コロナ対策を行い、講座を行います。
募集は広報よっかいち下旬号に掲載されます。
ご応募お待ちしておりまするんるん


続きを読む
posted by 四日市市勤労者・市民交流センター at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ご報告