2020年07月30日

夏休み陶芸講座を行いました。

7月26日(日)曇り雨 お昼から雨
梅雨明けは、まだみたいですね霧

本日は、前田和豊先生の指導で、小学生の陶芸教室を行いました。
今年は、3蜜を避ける為,午前、午後と2回行いました。
IMG_0314.JPG

まずは、お皿作り手(パー)
先生がお手本を制作。顔のお皿にしましたよ。わーい(嬉しい顔)

IMG_0322.JPG
皆さんは、自由な発想で、文字や絵など描いてみてくださいね目
あれ、誰の顔かな、恐竜だよ。
IMG_0326.JPG
好きなキャラクター、お魚の絵、今にも泳ぎそうですねあせあせ(飛び散る汗)
IMG_0328.JPG
IMG_0329.JPG
次はカップ作り手(パー)
手びねりでひもをつくりドーナツ型にし隙間がないようにつけていきます。
IMG_0333.JPG
 IMG_0332.JPG

カップの中に恐竜ががく〜(落胆した顔)       恐竜が大好きな男の子。

IMG_0335.JPG
魚の形のカップも、かわいいですね。
IMG_0338.JPG
後は、色を付けて1200度で焼き上げます。
焼き上がりまで、お待ちください。
連絡いたしますねかわいい

楽しかった。じょうずにできたとの声、良かったでするんるん
参加された皆様ありがとうございました。

 当センターでは、色々な講座行っておりますので
  ぜひ、参加お待ちしておりますハートたち(複数ハート)   











































posted by 四日市市勤労者・市民交流センター at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ご報告

2020年07月29日

マグネシウム燃料電池カーを作ろう工作講座(令和2年7月19日)

毎年好評の「マグネシウム燃料電池カーを作ろう」の教室を本館研修会議室にて行いました。

まず初めに電池の種類や発電する仕組みの説明、また近年注目を集め実施化されつつある水素電池などの説明がありました。
講師の説明を少しでも吸収しようと前の方に席替えしたいという熱心なお子様もいらっしゃいました。
IMG_0248-2.jpg
次に今回の主役でもあるマグネシウム燃料電池について発電の原理を学習した後、ミニカーキット(プラモデル製)を作成して実際にマグネシウム燃料電池を塩水で発電させ、実際に走らせてみました。
もちろん参加者14名分のミニカーは全て無事に走行するわけもなく、当然走行しないミニカーも数台ありました。
走らない原因をお子様と親御様、または講師も一緒になって探索し無事に全員の車が走行しました。
IMG_0250-2.jpgIMG_0252-2.jpg
IMG_0261-2.jpgIMG_0263-2.jpg
皆さん「楽しかった」と大満足でした。
お子様の笑顔も見れて実施して良かったと思いました。
今後も色々な工作教室など物作りの講座を行っていきたいと思いますので、ぜひご参加ください。
posted by 四日市市勤労者・市民交流センター at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ