2019年07月22日

夏休み陶芸講座を行いました。

7月21日(日)曇り曇り 夏休み手(チョキ)まだ梅雨は明けていませんもうやだ〜(悲しい顔)
子どもたちにとって夏の太陽は待ち遠しいものです。晴れ
さて、勤労者・市民交流センター陶芸室では、小学生の陶芸教室を行いました。
講師は、毎年お世話になっている、前田和豊先生ですわーい(嬉しい顔)

DSCN5183.JPG

前田先生の説明に皆さん熱心に目耳ます。
DSCN5185.JPG
お皿とカップ2つ作ります。ねんどを半分づづ使いますヨ
お皿づくりからスタートわーい(嬉しい顔)
DSCN5186.JPG
ねんどを丸くして平たく均一にのばしましょう手(パー)
DSCN5189.JPG
文字や、好きな絵を書きましょう。僕はやっぱり夏はスイカだな手(チョキ)
DSCN5190.JPG

令和と書いた6年生の男の子、夢と希望が叶いますようにぴかぴか(新しい)
DSCN5194.JPG
僕は、好きなキャラクターを書いたよドコモポイント
DSCN5195.JPG

お皿は、何色がいいかな。自分の名前、色を書いてね。
DSCN5196.JPG
カップづくり、どんな形になってもいいよ。自分の好きな形にしてねるんるん

DSCN5198.JPG
手伝いをしてはいけないと思いつつ、少し触ってもいい手(パー)

DSCN5204.JPG
DSCN5205.JPG
カップの形になってきたよ。女の子は黒ハートがすきですね
DSCN5206.JPG
もうできたよ。お気に入りのカップができましたねパンチ

DSCN5207.JPG
僕のカップ見てください目
力強くねんどをこねてお皿もカップも素敵にできましたね喫茶店
あつ〜い夏休み、いろんな事にチャレンジし、体験してくださいねぴかぴか(新しい)
DSCN5208.JPG
参加された皆さんありがとうございましたかわいい
焼き上がりは、8月21日の予定です。楽しみにお待ちくださいね。
当センターでは、夏休み学習室を開放しています。
涼しいお部屋で、勉強、読書などにご利用ください。
スタッフ一同お待ちしておりますハートたち(複数ハート)







続きを読む
posted by 四日市市勤労者・市民交流センター at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ご報告

2019年07月21日

プリザーブドフラワー講座を行いました

7月18日(木)
IFA国際フラワーアレンジメント協会の
川口久美先生を講師にお迎えして、
プリザーブドフラワー講座を行いました。


今回は、ガラスドームとロイヤルブルーの薔薇がメインです。
季節にちなんで、とても涼やかな作品を川口先生が
選んでくださいました。




川口久美先生ですかわいい
DSCN5158.JPG




今回で4回目となった毎回人気のこの講座。
リピーターの方も、初めての方も、和気あいあいと
楽しい時間を過ごしていただきました。


DSCN5143.JPG

DSCN5144.JPG



もちろん、先生に質問OKです。
「先生?!!」 「先生?!!」の声が響きます。
フレンドリーな川口先生ハートたち(複数ハート)
笑いを交えて答えてくださいますわーい(嬉しい顔)



また、″個人の質問は、皆さんの疑問でもある″という事で、
「他のかたにも聞こえるように、
大きな声で質問してくださいね」と川口先生。



先生もみなさんに聞こえるように、
大きな声で答えていきます。

DSCN5145.JPG

DSCN5146.JPG

DSCN5154.JPG




今回は、″花材をガラスのドームに納める″という事が、
難しかったようです。
でも、みなさん頑張りました手(チョキ)


DSCN5148.JPG
 
DSCN5151.JPG

DSCN5152.JPG

DSCN5153.JPG

DSCN5155.JPG

DSCN5157.JPG

DSCN5160.JPG DSCN5159.JPG 




出来上がりました手(チョキ)
DSCN5163.JPG

DSCN5164.JPG

DSCN5165.JPG

DSCN5168.JPG

DSCN5169.JPG

DSCN5167.JPG


ご参加いただいたみなさんから、
「楽しかった!!」というお声をたくさんいただきました。
ありがとうございます!!
また、是非ご参加くださいね。



当センターでは、今後も色々な講座を行っていきます。
広報よっかいちや、ホームページ、館内ちらしでご案内しますので、
ブログをご覧のみなさん、お気軽にご参加くださいね。
スタッフ一同、お待ちしておりますかわいい



続きを読む
posted by 四日市市勤労者・市民交流センター at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ご報告