2018年05月12日

いけばな教室を行いました

5月12日(土)
講師に小原流教務 四日市支部支部長の久保豊和さんをお迎えして、
いけばな教室を行いました。


今回は、たくさんの花材が用意されました。
たくさんの花材があるという事は、色々な生け方ができる
という事に繋がるそうです。
(与えられた花材全てを1度で使い切らなくてもいいのですねあせあせ(飛び散る汗)


まず、久保先生がお手本を見せてくださいました。
花材を次々と変えながら、色々なかたちを花器の後ろ側から表現される様子に、
参加された方々から感嘆の声が上がりました。


黄ハートでは、教室の様子をごらんください。
DSCN2395.JPG

DSCN2404.JPG

DSCN2402.JPG

DSCN2401.JPG

DSCN2403.JPG

DSCN2405.JPG



黄ハート完成しました。
「たてるかたち」 と 「ひらくかたち」
DSCN2409.JPG


「傾斜型」 と 「直立型」
DSCN2411.JPG



今回は、小原流の数多くの表現方法の中から、花意匠の『たてるかたち』
と『ひらくかたち』、盛花の『直立型』と『傾斜型』を学びました。
盛りだくさんの内容exclamation×2


『主枝や副枝を何にするか・・・』
『どのかたちにしようか・・・』とみなさん悩まれたようですが、
どれも個性豊かな作品となりました。


ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。


次回のいけばな教室は6月16日(土) 午前10時から行います。
初めての方も大歓迎ですので、お気軽に(059-347-3000)まで
お問い合わせください。
お電話、お待ちしておりますかわいい



posted by 四日市市勤労者・市民交流センター at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ご報告