2016年06月02日

6月 ロビー展示のお知らせ

6月のロビー展示のお知らせをします。
6月は有竹様の“裂き織り(さきおり)”を展示しています。


裂き織りとは、よこ糸の代わりに裂いた布を使う織物の事です。
裂いた布を使うと、趣のある織り地になるのが魅力のひとつのようです。


CIMG3897.JPG



有竹様と織物との出会いは、かなり前にさかのぼります。
子どもの頃、おばあさまが機(はた)を織っていたそうで、
「大きくなったら私も機を織る!!」と口癖のように
言っていたとの事。


結婚後、たまたまテレビで機を織っている長野県松本市の
お年寄りの姿を目にし、幼い頃の記憶がよみがえってきた有竹様。
「織りたい!!」という気持ちがふつふつと湧き上がり、
ご主人さまが長野県に単身赴任していたという事も手伝い、
松本市の90歳近いその方のもとで、3か月間織物を学んだそうです。



 
CIMG3898.JPG

 

染色も行う有竹様。
柿渋や藍で染めた絹を裂いてよこ糸にし、
作品作りの幅を広げられていらっしゃいます。
また、生徒さんに教えたり、市内百貨店で展示されたりと、
充実した毎日をお過ごしでもいらっしゃいますかわいい


 
是非、当センターへお立ち寄りいただき
有竹様の作品をご覧ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしていますわーい(嬉しい顔)


 
posted by 四日市市勤労者・市民交流センター at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ